MMUミネラルメイクアップ

最新記事

カテゴリ

 肌トラブル (9)
  ┣皮膚科の処方薬 (3)
  ┣皮膚科 (1)
  ┣シミ・肝班 (3)
  ┗インナードライ肌 (1)
 スキンケア (8)
  ┣ケミカルピーリング (1)
  ┣角質培養 (2)
  ┣馬油 (1)
  ┣ホホバオイル (2)
  ┣エミュオイル (1)
  ┗シアバター (1)
 スクワラン (2)
  ┗コットンパック (1)
 ミネラルメイクアップ (3)
  ┗MMUとは (3)
 サプリメント (1)
  ┗ヒアルロン酸・コラーゲン (1)
 手作りコスメ (6)
  ┣手作りコスメ材料ショップリスト (2)
  ┣ハンガリアンウォーター (3)
  ┗材料・エキス・チンキ (1)
 UVケア (1)
 リラクゼーション (3)
 その他 (4)


DHCオンラインショップ【個人サイト様向け】




スポンサーサイト


[ランキング]
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングクリックご協力お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

TREview

肝班だと思っていたら遅発性太田母斑でした


[ランキング]
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

お久しぶりです。

通院も長くなってきますと、今通っている病院の皮膚科は医師がよく替わります。
そして、新しい先生となったところ、今まで肝班のシミの一部が

後天性真皮メラノサイトーシス(遅発性太田母斑)

と診断されました。

どうりでトランサミンとシナールがなかなか効かないわけです

他の場所に肝班ももちろんあるのですが、違いは「灰色」っぽいシミ、です。
私の場合、遅発性太田母斑は目の下や頬骨に点々と広がっています。
そういえばこのシミは高校生の頃からあって消えませんでした。

そして、後天性真皮メラノサイトーシス(遅発性太田母斑)の治療法は、レーザーです。
レーザーを受けて4カ月になりますが、だいぶ薄くなりました!

注)
レーザーを当てると2~3カ月後あたりに一時期濃くなります。
当てた直後は患部に当たる紫外線を避けます。


私の場合、6か月置きにレーザーを打つことになりました。
治療費は保険が効いて、一回約8000円ほどです。
トランサミンとシナール、ハイドロキノンを継続するように言われました。


私のように肝班がなかなか消えない方は、後天性真皮メラノサイトーシス(遅発性太田母斑)を疑ってみても良いかと思います。




ランキングクリックご協力お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

TREview

スポンサーサイト

肝班って悪化する?


[ランキング]
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

ここのところ忙しくて皮膚科に行ってません。

肝班対策のシナール(ビタミンC)とトランサミンカプセル(トラネキサム酸)が切れたー。なくなったー。

で、気がついたんですが、これらを飲まなくなると薄くなってきた肝班が復活します
やっぱりきちんと飲み続けなきゃダメなんだなぁ。
それと、紫外線もシミ同様に肝班にも大敵。そろそろ紫外線も強くなってくる時期だから気をつけなきゃ。

それと、肝班って体調によって濃くなったり薄くなったりしますよね。ホルモンやストレスが関係してるみたいです。
女性は閉経になると肝班が消えるもしくは薄くなるそうです。やっぱホルモンかー。

肝班完治の道のりは長い…でもあきらめないぞー。


ランキングクリックご協力お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

TREview

皮膚科の処方薬3


[ランキング]
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

あーもう顔の肌の状態が最悪です!すごい量の赤い炎症とポツポツと痒み。
鏡をみて驚いたー!アップロードファイル

寝不足やストレス、それと汗をかくと顕著にあらあれますムム…

これは一大事なので、いつもの病院の皮膚科に予約を入れようと電話をしてみたら、案の定予約がいっぱいで診察できないとのこと…

やっぱ大きな病院はこれがネックだなぁ。それともそこはハイドロキノンが異様なほど(!)安いんで、クチコミで人気が出て混むようになったのかな?

薬ももうなくなってきたし、どこかの皮膚科に行かねばbikkuri01と、飛び込みでとあるアトピー皮膚科のあるクリニックに駆け込みましたぷぅー


そこは生薬や漢方も治療に取り入れています。

今回そこで処方された内服薬がこれ絵文字名を入力してください


薬1


左上から
  • トラネキサム酸カプセル トラネキサム酸250ml 1回1カプセル1日3回服用(保険適用)
  • シーピーG ビタミンC複合剤1g 1回1袋1日3回服用(保険適用)
  • 黄連解毒湯エキスT錠 1袋に5錠入り 1回1袋1日3回服用(保険適用)
右下から
  • ピドキサール錠 ビタミンB6製剤10mg 1回2錠1日2回服用(保険適用)
  • FAD錠(TYK) ビタミンB2剤10mg 1回1錠1日2回服用(保険適用)
  • アレロック2.5 抗ヒスタミン 1回1錠1日2回服用(保険適用)
いやーすごい量の薬ですカプセルカプセル
と言っても、ビタミン剤が半数ですけど。

処方された外用薬はいつものこれです。

薬2
上から
  • プロトピック軟膏 0.1mg 5g 免疫抑制剤・アトピー性皮膚炎治療剤 (非ステロイド)
  • ヒルドイドソフト 20g 局所凝血阻止剤・保湿作用
今回は肝班用のハイドロキノンは無しです。炎症を起こした皮膚には良くないので。
(それに10gで3,600円と言われた…いつもの皮膚科だと40gで280円少し)



ところで、シミ・肝班治療用内服薬の、おなじみトランサミンとシナールが無いとお気づきの人もいるでしょう。
今回は、この2種類をジェネリック薬にしたんです。処方薬局で「ジェネリックがありますけどどうしますか?」と聞かれまして。


薬3

上がジェネリックの「トラネキサム酸カプセル」とトランサミンです。(トラネキサム酸)
下はジェネリックの「シーピーG」と「シナール」です。(ビタミンC)


ジェネリック薬品とは、CMなどでも宣伝しているので分かる人も多いと思いますが、「後発医薬品」のことです。
特許権が消滅した先発医薬品の後発のものです。一般に先発医薬品よりは安いです。


それでですね、ジェネリックにはまあいろいろ言われたりとかありますけど、単純なトラネキサム酸とビタミンCだったら品質もなにも変わらないのではないか、と思って今回はジェネリックにしてみたわけです。


薬価です。ちなみに保険適用前の値段です。この価格から保険で1割~3割などの負担になります。

トランサミン・・・11.5円
トラネキサム酸カプセル・・・6.3円

シナール・・・6.3円
シーピーG・・・6.3円

トランサミンのジェネリックは約半額ですが、シナールとシーピーは薬価が同じで変わらないではないか~絵文字名を入力してください
ジェネリック=安いって思ってたんですけど、物によるんですねー。



※この記事は医薬品広告ではありません。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


ランキングクリックご協力お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

TREview

皮膚科いろいろ


[ランキング]
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

以前、顔のアトピー気味皮膚トラブルと、さらにシミ・肝班で皮膚科にかかっている記事を書きました。

シミ・肝班で処方されている薬は、トランサミン・シナール・ハイドロキノン(ここは安い!)ということも詳しく書きました。

シミ肝班仲間(!)の友人は、別の皮膚科でさらに漢方の内服薬も処方してもらっているそうです。健康保険も適応とのこと。

漢方薬か。今度診察に行くときに先生に聞いてみよう。



皮膚科によっては、「シミや肝班は病気ではないので診察してくれなかった」という話も聞きます。

そりゃー重大な病気ではないけど、でもシミ・肝班だってふか~い悩みです泣き顔


「近くにシミ肝班を診てくれる皮膚科がない」という方、CMとかで知っている人も多いと思いますが、薬局の店頭やネットのオンラインで買える薬があります。


肝班用のトランシーノです。処方箋は必要ありません





シミ・肝班はほーんとしつこい。治るまでは長い道のりです。
薬にしたって即効性はありません。続けて何ヶ月か経って、やっと「薄くなったかな?」って感じです。
効果も人それぞれですし…


あせらずに頑張ろうっと。

みなさんもどうぞあせらずに気長にkao02

トランシーノを検索する


◆関連記事
皮膚科の処方薬1>>
皮膚科の処方薬2>>


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い





ランキングクリックご協力お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

TREview

皮膚科の処方薬2(シミ肝班用)


[ランキング]
にほんブログ村 美容ブログ スキンケアへ

アトピーのよる肌荒れで皮膚科に通ってますが、私の真剣な悩み、「シミ・肝班」でも治療をうけることに。

せっかく皮膚科に行ってるんですから、他のトラブルでも医師に相談したんですよー音符


まずは肌荒れトラブルを治すのが第一目標ですが、その皮膚科の先生、アンチエイジングにも理解のある方で、相談に乗ってくれました


で、処方してくれた薬がこれ↓です♪


シミ肝班

右から

  • トランサミンカプセル 250mg 腫れや炎症を抑える 1日に1カプセル3回食後服用 (保険適用)

  • シナール 1g ビタミンC 色素沈着を予防する 1日に1袋3回食後服用 (保険適用)

  • ハイドロキノン軟膏4% 20g 色素沈着を改善してシミを取る (保険適応外)



トランサミンの成分はトラネキサム酸
歯周病予防の歯磨き粉にも配合されている止血剤なんです。
副作用はほとんどありません。
血液がドロドロになるかなーとちょっと心配しましたが、血栓症および血栓症が現れるおそれのある人には注意が必要とのこと。
とりあえず私は大丈夫だ7


シナールはビタミンCです。顆粒なんですけど、私はこのまま水もいらずに飲めます★
甘酸っぱさが好みの味410


ハイドロキノン。劣化するので冷蔵庫で保存します。
保険が効かないので、これって皮膚科によって値段がまちまちなんですよねー。
ほーんのちょこっとしか入ってなくても何千円と取られるところもあるそうです。
私がラッキーなのは、これ何と280円ちょっとで買えること!いい病院だー。
ただ、かぶれがあるとこれを塗ると痒みがでちゃうんです。なのであんまり使っていません。もったいないsn



シナールとトランサミンを約1年間飲み続けていまして、シミ肝班がすこーし薄くなったかな。
これって即効性はないんですよね。

しみ・肝班との戦いはなが~い道のりです




ほかにシミに効果的なのは、皮膚のターンオーバーをうながしてシミを薄くするトレイチノンがあります。
これとハイドロキノンを併用すると効果があがるそうです。

しかし、トラブル肌の私には使えないなあ…コンディションがよくなったら使おうかな。

ちなみにトレイチノンは私の行っている皮膚科では扱っていません。
美容皮膚科だったら出してくれますねニコニコ。 横向き



※この記事は医薬品広告ではありません。



ランキングクリックご協力お願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

TREview



▲ページトップ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。